「格安スマホの紹介」カテゴリーアーカイブ

楽天モバイルの解約方法について

楽天モバイルの速度

楽天モバイルは、最大で225Mbpsの高速回線です。これはドコモの回線と同じです。通信速度に関しては、通信速度はドコモと変わらないので、それほど不自由なく使えて安心です。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、楽天モバイルのいちばんの長所です。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

楽天モバイルの3日制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しておりました。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度を制限した状態で回線を使用することになっていたのですが、2016年より72時間制限が撤廃されたのです。要するに、楽天モバイルのスマホに関して、ビデオ通話で長電話したあとでも、3日制限を憂慮する必要は皆無です。安心してください!

楽天モバイルの特色まとめ

楽天モバイルは、auやdocomo、Softbankなどの大手携帯電話キャリアよりも使用料が安くすむMVNOの1つです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。月々1,250円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。また、楽天モバイル契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるという特典も見逃せません。それでは、楽天モバイルの速度や解約・店舗情報など、楽天モバイルのすべてを網羅しました。ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

docomoの基地局を利用した格安SIM

楽天では、ドコモの回線を利用している「楽天モバイル」を提供しています。当然ながら、通話品質もdocomoと全く一緒ですし、サービスエリアなどもドコモのそれと全く遜色なく、安心して使うことができます。端末はドコモのスマホならばたいていの機種がそのまま楽天モバイルの端末としてご利用できます。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、楽天モバイルはセットでの販売も用意しています。ドコモのスマホが手元にあるなら、楽天モバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、新規にスマートフォンを購入せずに済むので、大変魅力的ですよね。手持ちのスマホで、ドコモの回線を使用できる何とも画期的なサービス、それが楽天モバイルなのです。

SIMフリースマホがたくさん!

今あなたの使っているスマートフォンが、楽天モバイルに対応していない場合、新たにスマートフォンを購入する必要があります。楽天モバイルとセットで購入できる本体は、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。ただひとつ、残念な点が、楽天カードの会員のみが、端末代を支払う際の分割払いサービスを受けられるということです。本体購入時に楽天カードを持っていらっしゃらない場合は、スマホ代金は分割ではなく、一括払いする必要があります。しかし、楽天モバイルの種類の多さはMVNOの中で一番なのは大きなメリットです。

通信量の翌月繰り越しにも対応

プランごとにデータ容量が違いますが、月によってはあまりモバイル通信を使用せず、データ通信料を余らせてしまうということもありえます。楽天モバイルならば、今月の分を繰り越して、翌月に使用することが出来ます。余ったデータ容量の持ち越しを行っていないMVNOもあるため、繰越し対応というのが、楽天モバイルも大きな魅力のひとつと言えます。格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

通話料がオトクな、楽天でんわ

楽天モバイルが手がけている電話サービスを「楽天でんわ」といいますが、そのメリットはこれまでの通話料金の半額で電話が使えてしまう所にあります。IP電話と違う点は、プレフィックス型通話というサービスがあり、電話の発信元の番号が通話相手に通知される仕組みになっています。もちろん通知される番号は、いつも使用している電話番号です。つまり、相手からすると、いつもどおりの電話と変わりません。IP電話ですと非通知設定での発信しかできなかったり、050から始まる番号が受け手側に通知されたり、着信拒否されたりすることもあったと思いますが、このプレフィックス型の楽天でんわではそのような心配はありません。また、楽天でんわでかけた通話料にも、使用した分に応じて、楽天ポイントが貯まります。ダブルでお得です!まだまだ通話のオトクなサービスがあります。

5分電話し放題とは?

大手3キャリアは、通話し放題プランを用意していますが、残念ながらまだ、たいていのMVNOはこのプラン設定の導入に二の足を踏んでいるようです。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。楽天モバイルでは1カ月の利用料金が850円で、日本中どこでも最初の5分は回数に関係なく無料になるという魅力的なオプションができました。5分間の通話し放題のオプションサービスは電話回線を使用しているので、楽天でんわと同じく、発信者番号通知にも当然ながら対応していますから、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。NifMoのかけ放題プランでは、発信者番号を通知できない事例があるようです。楽天でんわでは、1分約21円の通話料が掛かるので、目安としては、月1時間以上話す方にお勧めのオプションですね。

初月は料金が無料に!

楽天モバイルのSIM契約を行うと、最初の一か月分の料金が無料になるのです。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMが届いたタイミングにより、1カ月分の料金が丸ごとゼロになることもありえます。しかし、今利用している携帯電話の解約手数料などの都合もありますので、月の初めまで待つことが良いとは限りません。よく検討してみてください。

楽天の格安スマホの月額と解約に関して

楽天モバイルにかかる料金や初期費用についてご紹介していきます。今お使いの携帯代と比べながら、全体で料金がいかに安くできるのか、対比させると乗り換え時の参考になります。それでは、楽天モバイルのプランや料金を細かく見ていきましょう。

楽天モバイルの月額プランと初期費用

楽天モバイルの月額費用は、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。音声通話SIMでは070/080/090番号を使って通話可能ですので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。通話SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信が、使い放題のプランです。ベーシックプラン以外のプランならLTEの高速回線が使えます。このプランでは速さが262.5Mbpsとなります。初期費用は、一律で3,240円となっており、あとは、端末を購入際、その分のお支払いになります。

楽天モバイルの契約縛りについて

楽天モバイルの解約制限と解約違約金、契約する前に、把握しておいてください。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、解約手数料9800円取られますのでご注意ください。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、最初の1年間さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

【間もなく終了】キャンペーン

UQモバイルを解約したい!解約手順について

UQモバイルの特徴

UQモバイルはAUから回線を借りて格安SIM、格安スマホを提供するMVNOの一つです。docomo・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。毎月の利用料金が1,980円と格安なスマホは高い注目を集めています。信頼の高いAU回線を使っているUQモバイルは、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、AUのスマホと変わらないため安心です。また、UQモバイルの格安スマホは、テザリングが無料というのも魅力の一つですね。それでは、UQモバイルのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。UQモバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

AU回線網を利用した格安SIM!

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが提供している格安SIM、UQモバイルはAUの通信回線を使っています。そのため、通話品質もAUと変わらず、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。AUのスマホであれば、新たに機種を購入することなくUQモバイルでも使えます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。既にAUのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでUQモバイルが使えるようになりますので、新たにスマホ本体を購入する必要もありませんので、とてもお財布にやさしい乗り換えということになります。UQモバイルはAUの回線を使用していながら、利用料金を安く抑えることができる格安スマホ・格安SIMサービスなのですね。

VoLTE(ボルテ)に対応

VoLTE対応プランをいち早く用意したのが、UQモバイル。VoLTEとはVoice over LTEの略でこれまでの通話方式に比べて非常にクリアな音質の通話ができる、新たな通話方式の名前です。それまでの方式で対応できたのは、周波数にして300Hz~3.4kHzの範囲内に限られていました。VoLTEだと50Hzから7kHzですから、その違いは歴然です。VoLTEがいままでの通話方式と比べて、よりよい音質で通話できる方式であるということがおわかりいただけましたでしょうか。このVoLTEは、UQモバイルの魅力のひとつと言えます。

データ量繰り越しに対応

UQモバイルだと、データ通信量が翌月にも繰り越せるようになっているため、毎月データ使用量が安定しない方も、気兼ねなく使用できると言う点は大きなメリットになります。ターボ機能という新しい機能が搭載されており、通信速度を高速・低速と、任意に切替が出来ます。データ量の節約にもなるとても便利な機能です。

UQモバイルの回線速度

今や百花繚乱状態にあるMVNO。わけてもUQモバイルは、なんといっても優秀なのが、通信速度の速さと安定性です。格安SIMアワード2015によると、この UQモバイルが通信速度部門でトップに立ちました。速度を一番に考えたい場合には、UQモバイルがあなたの望みに一番応えられる選択になると思います。これから、MVNO・格安スマホと言ったサービスが更に広がっていきそうですね。

UQモバイルでの3日制限

UQモバイルの場合、ユーザーが平等に使えるように、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられます。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、速度が制限されます。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。UQモバイルでは、契約プランごとの規定値は決められておらず、各プランで直近72時間で6GBが規定値となっています。

UQモバイルの評判

UQモバイルが一番力をいているところは、他社に比べると通信速度が速いということが挙げられます。口コミやネット上での評価などでも、速度が速いと評価をする書き込みがあるほどで、料金プランは他社より少なく、幾らか月額の料金は高くなり、一見他社よりも良くなく見えますが、それでも最も使いやすい格安SIMと言えるでしょう。今後、格安スマホに乗り換えるユーザーの選択肢の一つになるに違いありません。

快適すぎる通信スピード

UQモバイルの一番の長所を挙げるならば、他のMVNOと比較して、極めて高速で安定した通信が出来るところだと思います。さまざまなMVNOを利用している私でも、MVNOは複数契約していますが、やっぱりUQモバイルが一番です。メイン携帯でUQモバイルを利用しています。とにかくスピードを重視する方に、最も良いMVNOはどれ?と、言われたら、絶対にUQモバイルだとアドバイスします!他社から比べると月額料金は、割高ではありますが、通信速度が速いことを考えたら料金は若干高めでも使う価値はあります。

UQコミュニケーションズの格安スマホの月額プランと解約

UQモバイルの料金プランや通信速度についてご紹介します。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、UQモバイルを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。ということで、月額プランの詳細を見てみましょう。

Uqmobileの月額プラン

UQモバイルの料金プランに関しては、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、今使っている携帯電話と同じように使うには、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。音声通話SIMの料金は、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データSIMの料金プランは、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円となっています。

UQモバイルの解約違約金

UQモバイルの解約縛りと違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、解約手数料として、9,500円が発生してしまいます。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、契約してから13ヶ月過ぎても縛り期間が更新されないので、いつでも解約手数料がかからないのが魅力的です。

【間もなく終了】キャンペーン

U-mobileを解約する方法と注意点のまとめ

Umobileの回線速度

たくさんの数が存在するMVNOの中でも、Uモバイルは、262.5Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。そのサービスの回線速度や対応エリアに関しては定評があります。

Umobileの速度制御

Umobileは、ユーザーが平等に使えるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、予め決まっている量を越した方に対しては、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。速度制限の対象とする3日間の規定容量は記載されていませんでした。

Umobileのユニークポイント

格安SIMと格安スマホで高い評価を得ているMVNOの一つ、Umobileは、有名な動画配信サイトのU-NEXTが運営しています。運営会社であるU-NEXTは、2015年の12月18日に東証一部に上場をはたしていて、安心感や信用性という面でも非常に高いですし、一気に注目を集め、人気MVNOの上位ランキングに位置するようになっています。Umobileの特筆されるべき点は、高速データ通信に制限がないところです。LTE回線による通信を制限なしに利用したい場合は、断然Umobileがお勧めです。Umobileって何?という方の為にも、Umobileの詳細をまとめさせて頂きましたので、気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomo回線を使った格安SIM

格安スマホサービスとして人気を集めているUmobileはdocomoから回線を借りてサービスを行っています。そのため、docomoとう同様の高品質な通話品質となっています。サービスエリアもdocomo同様に広範囲をカバーしておりつながり易さは期待できます。またUmobileは殆どのドコモのスマホに対応しています。つまり今まで通りのスマホで、そのまま使う事ができる訳です。もちろん、UmobileのSIMフリーのスマホ、SIMカードをセットで買うこともOKです。二台目のスマホが欲しい方にも最適です。すでにdocomoのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約でUmobileの利用を開始できますので、新たに本体代を支払う必要がなく、経済的に優しいですね。Umobileの通信サービスは、ドコモと同じ高い通信品質・つながりやすさを、低価格で提供しています。

LTE使い放題!

Umobileは、色々なプランによって他社との差別化を行っています。その1つにLTEというプランがあり、他の業者が同様のプランをほとんど提供できていないため、Umobileが人気の大きな理由の一つです。LTEの高速回線を制限なく利用したい人にとっては、通信の容量やスピードの制限に心煩わせる事なく使えるわけですから、「待ってました」と叫びたくなるサービスではないでしょうか。このように快適なプランにもかかわらず、3000円を切るお値段に設定しています。月額料金を大手キャリアと比較すると、UmobileのLTE使い放題プランの安さを実感していただけると思います。一月当たりの通信量が多い利用者には、非常にお得な料金設定になっていると言えます。通信量を気にせずにLTEの高速通信を使いたい人にとっては、注目すべきMVNOです。Umobile公式サイトに、LTE無制限のプランについて、詳しく記載されてますのでご覧ください。

自宅で即日MNPOK

即日MNPに対応することができるという点は、Umobile最大の魅力の一つとなっています。MNP届け出方式と呼ばれる方式をUmobileでは採用しているので、オンラインでの登録を済ませるだけで、即時変更が可能となり、通話の出来ない期間がなくMNPが終了します。以前はMNPを即日に申請する場合は店頭での申し込みのみでしたが、現在では、ネットを利用する事で場所を選ばず何処でも即日MNPを完了することができます。MNPの空白期間を懸念して、ためらって居た人には、安心して他社へ乗り換えることができる仕組みです。即日MNPのやり方は、SIMカードが届いたら、Umobileのマイページで、回線切替ボタンを押せばOKです。誰にでも出来る簡単な操作なので、より一層格安スマホへ乗り換える方が増えそうですね。

Umobile月額料金と解約について

Umobileを利用するのに必要な費用はどれくらいなのか、順を追って説明していきます。Umobileを契約しようかと思案されている方は、今契約しているサービスと対比させて、通信代がどれくらい安くなるのか、考えてみてください。それでは、早速、月額プランの詳細を見てみましょう。

料金プラン

Umobileの料金は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、今ご利用中の携帯電話と変わりなく使いたい方は、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。通話SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円となっています。

音声通話SIMのLTE使い放題2プランは契約から12ヶ月以内に解約すると、違約金の支払いが必要となりますが、月額料金がLTE使い放題プランよりも、250円安く済む格安のサービスです。

Umobileの解約縛り

解約違約金に関して、ご紹介していきます。最低利用期間の規定は、UmobileのデータSIMにはありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも6ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。もし何らかの理由により6ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、解約手数料6,000円がかかってしまいます。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、契約から7ヶ月以上すぎれば縛り自体が完全になくなってしまい、手数料フリーでいつでも解約可能ですから、また一歩進化したという感じですね。

LTE使い放題2プランの解約縛りについて

LTE使い放題2プランは、Umobileの中でも、特別に最低利用期間・契約違約金の解約制限が設定され、他の契約プラントは違っています。解約違約金は6ヶ月以内の場合9,500円になります。また、7ヶ月目~12ヶ月目に解約すると解約違約金として3,500円が請求されます。また、利用を始めた月から数えて、11か月以内のプラン変更の場合にも、違約金が3,500円発生致します。このように、利用期間によって違約金が発生するということを覚えておいてください。解約金が発生するため損をするプランのように思いますが、月額の料金が安くなるプランですので、利用期間が1年を越えると、LTE使い放題2プランがとてもお得でお勧めです。

Umobile評価

Umobileときいて思いつくのは、LTEを無制限に使えるプランにあるといえるでしょう。NTTドコモの高速LTE回線を無制限で使用できるプランは、各社が提供している中でも、大変珍しいプラン内容です。この使い放題プランを利用するために他社から乗り換えを行えば、月ごとのスマホ利用料金を大きく抑えることもできそうです。

音声SIMなら、U-NEXTのポイントが毎月もらえる

映画、アニメ、TV番組などの動画コンテンツを配信している人気サイト「U-NEXT」で利用できる、U-NEXTポイントが毎月付与される特典があります。LTE使い放題2プランの場合は、1ヶ月に400ポイント。他のプランの場合は、1ヶ月に600ポイント貰うことができます。U-NEXTの場合、1作品、約300円で視聴することができるので、1ヶ月に2本、無料で見ることができます。話題の洋画や名作邦画といった映画から、国内外の人気ドラマ、見逃してしまったアニメやバラエティといったTV番組など、動画のラインナップが豊富です。400~600ポイントという、月に1,2本無料で視聴できる分のポイントを、月額3,000円以下の契約で貰えるというのは、貰って嬉しいかなりお得なサービスです。

間もなく終了のキャンペーン

mineoの解約・退会方法のまとめ

mineoの特徴まとめ

MVNOの一つであるmineoは、AUとdocomoの回線を使用しながら格安スマホサービスを提供しています。スマホをキャリアからmineoに乗り換えると、月々のスマホの料金がかなり安くなります。どの位?というと、このmineoは、なんと月々たったの1,310円でスマホが使えてしまいます。だから今、話題沸騰中なのです。国内では初めてのマルチキャリア格安スマホサービスであるmineo、大手キャリアのdocomoとAUから選べるプランは、MVNO業界でも注目されています。通話エリアや音質はdocomoやAUと一緒ですので、どこのエリアでも安心して使えます。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、mineoのすべてを網羅したまとめになりますので、mineoのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoとAUエリア対応のMVNO

mineoはあのdocomoとAUの大手キャリア2社ともサービス利用契約を締結していて、docomo回線ブランもAU回線プランも選択できるマルチキャリアMVNOです。mineoを利用すれば、格安でdocomoかAUの通話品質を使うことができ、電波の届く範囲であるネットワークエリアもこの2つのキャリアの対応エリアとまったく同じものとなっています。契約しているスマホがdocomoやauであるなら引き続き利用できるので、買い換えるという勿体無い事はしなくていいのです。乗り換え時にスマホを購入しなくて済むのは、庶民にとっては大変ありがたいです。当たり前の事ですが、mineo内で用意している格安スマホも購入してサービスを利用出来ます。安心のキャリア回線を安い価格で使えますし、回線プランをdocomoかAUのうち、都合の良い方を選択してサービスを利用する事が出来ます。音声通話がつく場合、ドコモとauでは料金が変わってくるので、よく考えてどちらにするか決めてくださいね。

VoLTEプランも用意

VoLTEに対応したプランがある会社として有名なのが、mineoです。VoLTEというのは、従来の音声通話よりも格段に音質が改善された、LTEを利用した最新式の通話技術のことなのです。今までの音声通話で聴くことができる音は、300Hz~3.4kHzの間の音だけでした。VoLTEだと50Hzから7kHzですから、その違いは歴然です。これで、従来よりもかなり高音質での通話が実現したということです。これがmineoの魅力でもある、VoLTEというものです。

データ量繰り越しに対応している

mineoに関しましては、余った通信量を翌月に繰り越すことも出来、月々で使用するデータ量が変動する方でも、前の月の繰り越しが残っていれば、次の月はそれほど気に留めることなく使用できるので、mineoを使うメリットも大きいと思います。

mineoスイッチアプリで通信量節約

mineoスイッチというものがあり、自身で通信速度を高速・低速に変更する事が可能です。データ量を抑制しながら利用出来るので、不要なデータ量消費を削減できる有用なサービスです。Wi-Fiとmineoスイッチを併用する事で、データ量を抑える事が出来るので、より低額なプランで事足る事もあるでしょう。携帯料金を安くお得に利用するのに、とても役立つと思います。

mineo料金プランについて

mineoを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、いくら携帯代が安く出来るか、参考にしてみてください。どれだけ安いのか、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

mineoの月額費用

マイネオの料金プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、今まで使っていた携帯電話と同じように使いたい場合には、データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約縛りについて

mineoの解約違約金について、まとめましたので、ご紹介します。多くの格安SIMでは、最低利用期間が設定されていますが、解約時の手数料がかからない珍しいMVNOです。解約違約金が発生しないという事は格安スマホを気軽に試せるので、最も適しているMVNOと言えます。しかし1年以内でMNP転出してしまうと手数料が12420円掛かってしまいます。音声SIMで契約の場合にMNP転出しようとする時は、このことだけは気をつけておきましょう。

mineoのインターネット速度について

mineoのインターネット通信速度について調べてみました。Dプランでは、docomoのXi回線と同じ最大で225Mbpsで、Aプラン(AU回線を利用したプラン)においても225MbpsのLTE回線を使用しています。サイトの口コミなどでも話題になっていますが混雑している時間帯は、キャリア契約をされている方が優先されてしまいますので、通信速度は落ちてしまいます。通信速度を気に掛ける方であれば、大手キャリアの契約のほうがよろしいかと思います。とはいえ、月々の利用料金が安いので、全体的に高いコスパと満足度が得られることは間違いないでしょう。

mineo AU回線プランでの帯域制御に関して

mineoでは、契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられます。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。mineoでは、料金プランによる規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランでの72時間制限

mineoのドコモプランでは、直近3日間における通信量をベースにした、3日制限がかかる仕様はございません。日によって、データ通信量の増減に開きのある方は、そんな方は、制限があるau回線のいわゆるAプランよりも、この3日間の利用制限を気にせず使えます。このような内容を視野に入れて比べた上で、プランをどちらにするか検討をお願いします。

間もなく締切の限定キャンペーン詳細

IIJmioの解約方法をわかりやすく説明します!

IIJmio評判

IIJmioをご存知ですか。その特長をあげれば、サポート満足度の高さと老舗MVNOとしてのブランド力が挙げられます。株式会社イードの行った格安SIMアワード2015でもIIJmioは総合満足度で最優秀賞を受賞しています。これは、お客様に人気があるということが、わかります。電話やメールなどによる充実したサポート体制が整っているため、格安スマホや格安SIMに慣れていない人でも、安心して格安スマホの利用を始められるMVNOであると言えます。

通信速度が安定感とサポート体制がヘビーユーザーにも良し

IIJmioを評価する声のほとんどが、通信速度が安定していることと、サポートがしっかりしていることが理由のようです。客観的にみても顧客満足度の調査結果に現れているように、MVNOの中でも屈指の顧客満足度を得ており、最優秀賞を獲得できるほどのサービスを提供する企業です。このことからも、安定してオススメできるMVNOの一つと言えるでしょう。そしてまだ馴染みの薄いMVNOですがその実績は自慢できるものがあります、利用者の口コミやレビューでも肯定的な意見が多いので、格安SIMへの変更をご検討中の方には、強くお勧めする事ができるMVNOだと言えます。

IIJmioの特色まとめ

株式会社インターネットイニシアティブが販売している「みおふぉん」というMVNOについて解説していきます。格安SIMサービスを提供している企業の中においても、インターネットイニシアティブジャパンは歴史の古い企業で、格安SIMが今ほど普及する前から利用していた方にとっては、一度はIIJmioというサービスを聞いたことがあるでしょう。IIJmioは、「格安SIMアワード2015」という顧客満足度の調査で最優秀賞を獲得しています。最優秀賞を受賞するにはいくつか理由がありますが、長年築いてきたブランドイメージと顧客サポートが充実している事が評価された大きな理由となっています。ということで!IIJmioのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomoネットワークを使った格安SIMサービス

格安スマホサービス、IIJmioの回線は、docomoの回線を使っています。だから通話品質もdocomoと同じクオリティーですし、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。また、お使いのdocomoのスマホならそのままIIJmioで使用する事が出来ます。勿論、本体も必要となった場合にはIIJmioからSIMカードとセットでの購入プランも用意されています。勿論、お客様がすでにdocomoのスマホをお持ちならば、SIMカードのみの契約でご利用できますので、乗り換えに大きな費用をかける心配もなく、スムースに移行できるのも魅力でしょう。IIJmioは、ドコモの回線という安心感を得ながら、格安の料金で利用できる素晴らしいサービスです。

バースト機能があるので、低速通信時も快適

IIJmioは、バースト転送という独自の機能で通信を行っております。これから、このバースト機能についてご説明させていただきます。低速通信をしているときに、最初の1~3秒ほどだけ高速通信となるバースト機能は、ウェブページのデータを一気に取得してページが表示されるまでの時間を短縮してくれる機能です。この機能があると、低速状態のときでもインターネットの新規ページが開きにくいというストレスがなく、体感上の遅さと言ったストレスが低減され、快適にネットサーフィンを楽しめるようになるので、ネットを利用する人にとっては必見の機能になっています。現在MVNOの中でバースト機能を提供しているのは、IIJmioとDMMモバイルだけとなっています。

データ通信量の繰越対応!

データ通信の容量はプランごとにそれぞれ違いがありますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。そういった悩みにもIIJmioであれば、ひと月で使い切れずに余った通信量を、翌月にに余った分をそのまま通常の通信量に上乗せして使うことができます。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、これはIIJmioの魅力の一つです。安いからと言って、毎月のデータ通信量を無駄にしたくない方には嬉しいサービスです。

二世帯家族も嬉しい、最大10枚!

IIJmioの追加サービスである「ファミリーシェア」なら、最大10枚までSIMカードの追加が可能です。自分の家族だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんまで、みんな一緒にIIJmioに乗り換えれば、今、月々払っている料金から相当の金額が節約できることになります。家族全員分の携帯料金を考えると、かなり大きな額の携帯代の節約となり、家計にも優しくなるでしょう。家族単位の携帯代なんて考えたこともなかった人は、これも節約ポイントとしてチェクしてみてはいかがでしょうか。格安スマホを使ったことない方でも、IIJmioなら顧客サポートが充実しているので、非常に安心です。「みまもりパック」という追加のサービスを利用すれば、子どもがスマホを利用する場合でも心配なく使わせることができます。

みおふぉん料金に関して

IIJmioの料金プランや通信速度についてご紹介します。あなたの現在の電話代とどれくらい違うかを比べながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、比べてみて、お得感を実感して下さい。さて、料金プランを見ていきましょう。

IIJmioの月額プラン

IIJmioの料金は、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。070/080/090などの番号を使用するものが音声通話SIMなので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 音声用のSIMを使わなければいけないので気をつけましょう。音声通話SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円です。

データ通信専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円です。

IIJmioの契約縛り

IIJmioの解約縛りに関して、ご紹介していきます。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという決まりが、IIJmioにはありません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。一方で、最低でも12ヶ月間使わなければならないのが、みおふぉんです。12か月以内に契約を解除された際は、違約金が9,000円も発生してしまうのです。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

通信速度について

数多くのMVNOの中でも、IIJmioは、262.5Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。通信速度は安定的で高速であるため、実際に利用しているユーザーの口コミなどにおいては、高評価を受けており、高い人気を誇っているのではないでしょうか。安さと速さを兼ね備えたスマホをお求めの方にとって、最適なMVNOと言えます。IIJmio選択肢の一つにいかがでしょうか。

IIJmioにおける帯域制御

IIJmioの場合、ただし、直近72時間の通信量によっては、通信における制限が掛かる場合がございます。高速通信時には、そういった制限はございませんので安心してご利用ください。通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、200Kbpsの速度規制が行われます。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。

IIJmioのキャンペーン!!

DMMモバイルを解約したい!いつ手続きすべき?

DMMモバイル料金プランについて

DMMモバイルの料金プランや通信速度についてご紹介します。毎月ごとの料金を比較していき、いくら携帯代が安く出来るか、キャリア選びの参考になれば幸いです。では、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

DMMモバイルの料金プランまとめ

DMMモバイルの料金は、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、以前の携帯電話番号を利用したい時には、データ通信用SIMではなく、音声通話SIMを選ぶように気をつけてください。通話SIMの料金は、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,380円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,910円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,680円、10GBプラン:2,890円、15GBプラン:3,980円、20GBプラン:4,680円:す。

データ通信専用SIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円となっています。

最低利用期間について

DMMモバイルの解約制限と解約違約金、契約する前に、把握しておいてください。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという決まりが、DMMモバイルにはありません。つまり、いつ解約しても余分な手数料は必要ないということです。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。一年以内に解約したい時には、違約金が9,000円も発生してしまうのです。キャリアと異なるのは、縛り期間の更新が自動でなされないという点で、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

DMMモバイルの回線スピード

MVNOには様々な種類がありますが、その中でもDMMモバイルは、docomo 4GLTE回線で通信速度262.5Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。docomoと同じLTE回線なので、広範囲で安定して使える安心できるサービスです。通信速度は高水準で、安定しており、口コミサイトでのレビューでは、さすがは人気MVNOと言えるだけある、高評価を得ている事が多いようです。実際の通信速度が速くコストパフォーマンスの高いものを求めている方には、DMMモバイルを利用すれば二つのニーズを満たすことができると思います。

DMMモバイルにおける3日制限について

DMMモバイルは、低速通信使用の時は、72時間のデーター量によって、速度に制限がかかる時があります。しかし、高速通信を利用していれば、3日間の速度制限の対象からは外れますので心配はありません。全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、規定された容量をオーバーした利用者に対して、データ通信速度を遅くされてしまいます。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。

DMMモバイルの評判について

DMMモバイルはMVNOの中でも、月々の利用料金の安くて、通信の速度が速いということが挙げられます。毎月の料金の安さと、通信速度の安定性をお求めの方にとって、DMMモバイルはまさに理想的なMVNOなのです。レビューサイト等での評価の多くは、低価格と高速な通信スピードを兼ね備えたサービスを高く評価しているようです。

安定した高速通信が人気の秘訣

DMMモバイルの人気の秘密を探ってみると、安定性の光速通信の実際の速さについてです。月額の基本料金は安く、かつ通信スピードも優れていますので、格安SIMサービス会社の中でも、DMMモバイルは人気急上昇中です。さらに、DMMポイントのポイント還元もつくので、コスパと速度を追求したい方には、注目度№1の格安スマホとでしょう。総合的に考えても魅力的な格安スマホなので、選択肢の一つに加えてはいかがでしょうか。

DMMモバイル格安SIMのチェックすべき項目

DMMモバイルは安さを売りにしているMVNO業者の一つですが、動画配信サイトとして認知度の高い「DMM.com」が運営している格安のスマホサービスです。DMMモバイルは、業界最安値を掲げていることが、最大の特徴です。とにかく月々の支払いを抑えたい人にはぴったりです。通信速度もスムーズで、安定感もあり、インターネットを快適に閲覧することができます。これからDMMモバイルへのMNPを検討中の方の為に、DMMモバイルのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomoのネットッワークを利用した格安SIM

動画配信サービスでおなじみのDMM.comが運営しているDMMモバイルは、docomoの回線を借りてサービスを提供しています。そのため、DMMモバイルはドコモと同じ高い通話品質で利用でき、また同様に、提供されているサービスの範囲もdocomoと同一となるため、「もしかしたらつながりにくいのではないか」などといった心配もないのです。今までお使いのNTT docomoの端末であれば、DMMmobileでもそのまま使うことができます。もちろんDMMmobileを契約する際にセット販売されているSIMフリーのスマートフォンをセット購入する事もできます。ドコモのスマホを持っている人なら、SIMカードを契約するだけで利用を始められるので、スマホ本体の代金を再度払うことなく、利用できるのは節約にもつながり助かりますね。定評のあるdocomoの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがDMMモバイルというわけなのです。

iPhoneも分割購入可能!

DMMモバイルにしかない出来ない魅力の一つに、最新のiPhoneシリーズを分割購入出来るというのがあります。他のMVNOですと、海外製の格安端末がほとんどで、iPhoneは取り扱っていないことがほとんどです。その点、DMMモバイルなら最新のiPhone6も扱ってくれているので、iPhoneの分割購入ができるという条件でMVNOを選択するのであれば、このDMMモバイルはまず間違いなく選択肢に入ってくることでしょう。iPhoneシリーズを購入し、なおかつ格安でスマホを使いたい方には、DMMモバイルは、まさにすべての要求を満たす最良の選択肢となるでしょう。一つ問題なのはDMMモバイルのiPhoneは異常な人気で品薄状態が続いているので、在庫があることが確認できた時は、早めに申し込みをされた方が良いですよ。

余ったデータ量の翌月繰越し

各プランでデータ容量が異なりますが、月によってはほんの少ししか利用しないときもあるでしょう。この様に、たとえデータ容量が余ったとしても、DMMモバイルにおいては、余ったデータ容量を、翌月に持ち越すことができるのです。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、このサービスは、DMMモバイルが提供するお得なサービスの一つです。繰越しサービスがあれば、データ通信料も無駄なく使えてお得感がありますね。

ネットで即日MNPに対応

DMMモバイルの魅力の一つは、MNPに即日対応となっていますので、今までどおりに使うことができる点です。MNPのなかでも、MNP届け出方式をDMMモバイルでは利用する事で、店舗へ出向かずオンラインでの手続きを済ますだけで、携帯が使えない期間が生まれてしまうということがなく、すぐにMNPが可能なのです。即日MNPを行うには、以前までは必ず店頭に行かなければなりませんでしたが、今では、自宅からでも出張先からでも、簡単にネットを利用して回線切替の手続きができるようになったのです。これまで申し込み完了からSIMカード到着までの間、携帯端末が使用できなくなることが嫌で、格安スマホの乗り換えをためらっていた人も、気にせずMNPできるようになりました。即日MNPの手続きが完了する流れは、SIMカードが手元にある状態でDMMモバイルのマイページにアクセスし、そのページ内の『回線切替ボタン』を押すだけで終了します。今まで障害となっていたMNP転入時のストレスが解放され、ますます多くの方に格安スマホを使っていただけるようになりました。

DMMモバイル契約中、DMMポイントを毎月ゲット

DMMモバイルをご利用のお客様は、期間中、毎月、利用額の10%のDMMポイントが還元されるという、お財布に嬉しいキャンペーンが開催中です。月々の基本料だけでなく通話料やSMS送信料なども対象なので、DMM.comで動画を利用する人にとっては、お得度の高いキャンペーンなのです。そもそも、業界最安値を標榜するDMMモバイルだというのに、それに加えて、10%のポイント還元まで実施していますので、とてもお得なMVNOとなっています。携帯電話にかかる料金を減らしたいとお考えの方には、DMMモバイルがおすすめです。

バースト機能で、低速通信時も快適

バースト機能がついているのは、DMMモバイルの特徴です。バースト機能とは、どんなものなのでしょうか。バースト機能というのは、低速通信をしているときに最初の数秒間だけ高速で通信を行うことで、表示スピードを向上させ、Webページ等をスムーズに閲覧することができる機能となっています。バースト機能を使用する事によって、低速通信を使っていても表示速度が速くなって、WEBページを閲覧する際のレスポンスが向上し、ネットの使用感がスムーズになるので、多くの人に利便性を与える機能になります。ただ残念なのが、バースト機能はDMMモバイルとllJmioしか搭載されていないようです。

今月のキャンペーン!

BIGLOBEの格安SIMって本当に良いの?

BIGLOBE SIMとは?

BIGLOBE LTEは、BIGLOBEの格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。docomo・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。毎月の利用料金が900円と格安なスマホは高い注目を集めています。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。みなさんBIGLOBE SIM独特のオプションサービス「エンタメフリー」をご存知でしょうか。YouTube、Google Play Musicといった動画や音楽のストリーミングサービスを利用時に通信料を気にせずに使えるサービス!BIGLOBE SIMって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、BIGLOBE SIMの詳細を調べてみましたので、BIGLOBE SIMで節約出来たスマホ代で、何を買いますか?

docomo回線を利用したBIGLOBE SIM

話題のBIGLOBE LTEは、docomo回線を使用した格安スマホサービスです。つまり、通話品質はドコモとなんら変わりなく、サービスエリアなどもドコモのそれと全く遜色なく、安心して使うことができます。しかもドコモのスマホならだいたいの機種でそのままBIGLOBE LTEが使えてしまうんです。BIGLOBE LTEが販売しているスマホを購入しても、そのまま利用することができます。既にドコモのスマホをお持ちの場合は、SIMカードのみ契約することでそのままお使いいただけますし、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。ドコモ回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

格安スマホの機種が豊富!

BIGLOBE LTEにしようと思っている人で、今使っているスマホがBIGLOBE LTEでは使えない機種だった時は、スマートフォンを新しく購入することになります。BIGLOBE LTE対応のスマートフォンはBIGLOBE LTEで買うことができ、しかも他のMVNOと比べて豊富なラインナップの中から機種を選択できるのが特徴です。スマートフォンでは画面が小さいという方も,BIGLOBE LTEではたくさんの種類のタブレットやSIMフリールーターも買うことができますので、満足の行く端末が見つかると思います。

データ通信量の翌月繰越し対応してます。

契約したプラン次第でデータ容量が異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。BIGLOBE LTEならば、余った分を翌月に繰り越して、その分もプラスして使うことができます。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、次月への持越しができるという点は、BIGLOBE LTEならではの魅力といえるでしょう。格安スマホだとはいえ、翌月の繰越しシステムを利用して無駄なく使い、さらにお得に使いたいものですね。

電話料金が半額になる、BIGLOBEでんわ

電話代を半額にしたいならBIGLOBEでんわが良いです。「BIGLOBEでんわ」はプレフィックス(接頭辞)型電話サービスと呼ばれるもので、これまでのIP電話サービスとは違ったメリットがあるサービスで、電話をかけたときにはその番号が相手側に通知されるのです。もちろん通知される番号は、いつも使用している電話番号です。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話では番号を相手に通知することが出来なかったり、050番号が通知されてしまったりして、相手が出てくれなかったりするので正直不便だったのですが、BIGLOBEでんわはそんなことがないので非常に使い勝手がいいです。かけ放題の通話サービスもあるんです。

3分かけ放題とは?

大手3社のドコモ・au・Softbankにはかけ放題のプランが盛り込まれているのに、最近話題になっているMVNOのそのほとんどは、通話し放題プランは提供していません。MVNOのデータ通信料は大手大手携帯電話会社より格安で済むから家計には優しいけど、いざというときの通話料金が高そうでちょっと手が出しづらい。と、迷っている方でも納得できます。BIGLOBE LTEでは、国内通話が最初の3分間は何回でも無料というを、月々650円の料金で提供開始です。この新しいサービスである「3分かけ放題」は、普通の電話回線を使うようになっていますので、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。BIGLOBEでんわで通話をする際に掛かってくる通話料がおおよそ1分間で21円掛かってくるので、単純に月に30分から1時間以上話す人にとっては頼もしいサービスだと思います。

MAX60分の無料通話つき通話パック60

「3分かけ放題」とは別のサービスとしてBIGLOBE SIMではそれと同額で利用できる、「通話パック60」と呼ばれる通話オプションがあります。具体的には1200円分の無料通話を月額650円で利用できるというものです。また、3分以上通話することはまず無い!という方には、「3分かけ放題」がお得ですが、まれに長く話し込むこともやむを得ない場合もあるという方でしたら、無料通話の大井、通話パック60の方がオススメです!自分の通話状況を確認して、自分の使い方に合った通話オプションを活用しましょう。

到着月は無料!

SIMの契約をBIGLOBE SIMですると、初めの1カ月については料金が発生しません。初めの一ヶ月というのは、スマホ端末やSIMカードが届けられた日を含めたその月のことです。月の最初の方にSIMカードが届けば、その分長く無料で使えることになります。ただ、乗り換え前の通信会社の契約期間とか解約手数料の件もあるので、1日になるまで我慢するってのも、どうでしょうね。解約時期は、慎重に!

BIGLOBEの格安スマホの料金プラン

BIGLOBE SIMが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。今のスマホの月々の料金と比べながら、月額料金がかなりお安くなることに、びっくりするでしょう。 月額プランを見てみましょう。

BIGLOBE LTE月額プラン・初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。音声通話SIMでは070/080/090番号を使って通話可能ですので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。音声SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データSIMの料金は、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円です。

200Kbpsと低速ではあるものの、無制限に使えるベーシックプランがありますが、 それ以外のプランは、ドコモのLTEの高速回線を使用できる262.5Mbpsのプランです。BIGLOBE LTEにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

2年縛りは?

BIGLOBE LTEの解約制限、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。解約手数料は無料なので、安心です。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、解約手数料として、8,000円が発生してしまいます。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

BIGLOBE SIMの回線速度

BIGLOBE SIMでは、docomoのLTEという高速回線(375Mbps)を使用しています。通信スピードについては、信頼の高いドコモ回線ですので、速度は安心です。ドコモの回線を使っているのに料金が安くてすむことは、何よりもBIGLOBE SIMを使うメリットですよね。将来的にMVNOや格安スマホはどんどん普及していきそうですね。

BIGLOBE SIMの速度制御について

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、誰もが同じように使用できるよう、一定のデータ量を超えて使用している者に対しては速度制限を行っていました。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されていましたが、この3日制限廃止が話題になったのが記憶にある方も多いかと思います。BIGLOBEの格安SIMにおいては、直近3日のデータ使用量を憂慮する必要はありません。72時間制限撤廃は本当に嬉しいですね。

BGILOBE LTEのキャンペーン