mineoの解約・退会方法のまとめ

mineoの特徴まとめ

MVNOの一つであるmineoは、AUとdocomoの回線を使用しながら格安スマホサービスを提供しています。スマホをキャリアからmineoに乗り換えると、月々のスマホの料金がかなり安くなります。どの位?というと、このmineoは、なんと月々たったの1,310円でスマホが使えてしまいます。だから今、話題沸騰中なのです。国内では初めてのマルチキャリア格安スマホサービスであるmineo、大手キャリアのdocomoとAUから選べるプランは、MVNO業界でも注目されています。通話エリアや音質はdocomoやAUと一緒ですので、どこのエリアでも安心して使えます。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、mineoのすべてを網羅したまとめになりますので、mineoのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoとAUエリア対応のMVNO

mineoはあのdocomoとAUの大手キャリア2社ともサービス利用契約を締結していて、docomo回線ブランもAU回線プランも選択できるマルチキャリアMVNOです。mineoを利用すれば、格安でdocomoかAUの通話品質を使うことができ、電波の届く範囲であるネットワークエリアもこの2つのキャリアの対応エリアとまったく同じものとなっています。契約しているスマホがdocomoやauであるなら引き続き利用できるので、買い換えるという勿体無い事はしなくていいのです。乗り換え時にスマホを購入しなくて済むのは、庶民にとっては大変ありがたいです。当たり前の事ですが、mineo内で用意している格安スマホも購入してサービスを利用出来ます。安心のキャリア回線を安い価格で使えますし、回線プランをdocomoかAUのうち、都合の良い方を選択してサービスを利用する事が出来ます。音声通話がつく場合、ドコモとauでは料金が変わってくるので、よく考えてどちらにするか決めてくださいね。

VoLTEプランも用意

VoLTEに対応したプランがある会社として有名なのが、mineoです。VoLTEというのは、従来の音声通話よりも格段に音質が改善された、LTEを利用した最新式の通話技術のことなのです。今までの音声通話で聴くことができる音は、300Hz~3.4kHzの間の音だけでした。VoLTEだと50Hzから7kHzですから、その違いは歴然です。これで、従来よりもかなり高音質での通話が実現したということです。これがmineoの魅力でもある、VoLTEというものです。

データ量繰り越しに対応している

mineoに関しましては、余った通信量を翌月に繰り越すことも出来、月々で使用するデータ量が変動する方でも、前の月の繰り越しが残っていれば、次の月はそれほど気に留めることなく使用できるので、mineoを使うメリットも大きいと思います。

mineoスイッチアプリで通信量節約

mineoスイッチというものがあり、自身で通信速度を高速・低速に変更する事が可能です。データ量を抑制しながら利用出来るので、不要なデータ量消費を削減できる有用なサービスです。Wi-Fiとmineoスイッチを併用する事で、データ量を抑える事が出来るので、より低額なプランで事足る事もあるでしょう。携帯料金を安くお得に利用するのに、とても役立つと思います。

mineo料金プランについて

mineoを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、いくら携帯代が安く出来るか、参考にしてみてください。どれだけ安いのか、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

mineoの月額費用

マイネオの料金プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、今まで使っていた携帯電話と同じように使いたい場合には、データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約縛りについて

mineoの解約違約金について、まとめましたので、ご紹介します。多くの格安SIMでは、最低利用期間が設定されていますが、解約時の手数料がかからない珍しいMVNOです。解約違約金が発生しないという事は格安スマホを気軽に試せるので、最も適しているMVNOと言えます。しかし1年以内でMNP転出してしまうと手数料が12420円掛かってしまいます。音声SIMで契約の場合にMNP転出しようとする時は、このことだけは気をつけておきましょう。

mineoのインターネット速度について

mineoのインターネット通信速度について調べてみました。Dプランでは、docomoのXi回線と同じ最大で225Mbpsで、Aプラン(AU回線を利用したプラン)においても225MbpsのLTE回線を使用しています。サイトの口コミなどでも話題になっていますが混雑している時間帯は、キャリア契約をされている方が優先されてしまいますので、通信速度は落ちてしまいます。通信速度を気に掛ける方であれば、大手キャリアの契約のほうがよろしいかと思います。とはいえ、月々の利用料金が安いので、全体的に高いコスパと満足度が得られることは間違いないでしょう。

mineo AU回線プランでの帯域制御に関して

mineoでは、契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられます。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。mineoでは、料金プランによる規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランでの72時間制限

mineoのドコモプランでは、直近3日間における通信量をベースにした、3日制限がかかる仕様はございません。日によって、データ通信量の増減に開きのある方は、そんな方は、制限があるau回線のいわゆるAプランよりも、この3日間の利用制限を気にせず使えます。このような内容を視野に入れて比べた上で、プランをどちらにするか検討をお願いします。

間もなく締切の限定キャンペーン詳細